声優統計

声優統計は声優を科学します。

ぼくと声優さんの2018年

去年より「ぼくと声優さん」シリーズやってます。
去年の:
voice-statistics.hatenablog.jp


1月:
8/pLanet!! 1st Best Album『8』 プレミアムイベントで最前センターだった。めちゃくちゃ良かった。
今年も「まほうのレシピ」が面白かった。

2月:
ファンとのくさび♪でした。好きな声優さんがステージ上でオタクを代弁してくれて本当によかった。

3月:
citrusやっと出番来た。
しんげきカフェで読まれが発生して、ニコ生を確認したら「これは有能P」と言われていた。ぼくプロデューサーさんじゃないです。
特定のコンテンツのイベントが辛すぎて昼夜チケ取ってたのに昼だけで帰る奴やった。結局ラストイベントでも同じ事やった。ラストは好きな声優も出てなかったしなぁ。
バスツアーは寒かった。声優さんとの距離はなんとなく近かったけどコミュニケーションは取りづらくて難しかった。
「気を遣って私たちの名前を挙げるんじゃなくて好きな声優アーティストの名前を挙げろ」と言われて(大橋彩香と迷って)遠藤ゆりかと言ったら五十嵐さんに「御愁傷様です」と言われた。

4月:
若い声優しかいない朗読劇に行く。一番好きな中堅声優が朗読劇に出てくれればこれのN倍上手くてN^2倍楽しいのにと思った。前件は正しかったが後件はちょっと過大だった。
北九州凱旋イベント。トラベルチャンスも慣れっこになって行く。

5月:
マチアソビvol.20。実績解除の嵐。
8beatStory♪ 8/pLanet!! 2nd Anniversary 4th LIVE 「On the pLaNET!!」。生バンドが入ったエポックメイキングなライブの次のナンバリングライブで、生バンドを外してしかしそれ以外のポイントで期待を上回るパフォーマンスを出してきて、本当にすごいと思った。
Baby's breath.すごかった。HOWLINGはアンセム
えもママ。えもい。
誕生日プレゼント贈ったら高額プレゼントはやめなさいと事務所から釘を刺されて相当焦ったがどうやら手元には渡ったようでよかったです。


6月:
YURIKA ENDO FINAL LIVE - Emotional Daybreak-。好きになって良かった。

7月:
Re:ステージ!PRISM☆LIVE!!~2nd STAGE~ Ready for Dream。「夢ならきっと逃げない 逃げるのはいつも君の方さ」に早くなりたい。
Tokyo 7th シスターズ メモリアルライブ『Melody in the Pocket』 in 日本武道館。開演前にパンフレット開けて泣きそうになる経験は最初で最後だと思う。茂木さん頑張れ。
先生をダメにする!巨大そらまめクッション発売記念イベント。「わたしのたいせつな〜たからもち〜」。

8月:
Tokyo 7th シスターズ 『Melody in the Pocket』 in 日本武道館 ライブスタッフ制作座談会。BD発売楽しみですね。質問読まれて期待してたタイプの答えが得られてよかった。あ、これ声優さん関係ない?
ことだま屋本舗☆リーディング部。好きな声優のフルサイズの朗読公演があったのはとにかくよかった。シリアス寄りのメインの役がなかったのがちょっとだけがっかりだったので次をくれ。
2周年記念!モジュールキーホルダーお渡し会inマウスショップ 。実績解除との兼ね合いでめちゃくちゃなことになる。

9月:
アイカツ!シリーズ 5thフェスティバル。これを、待っていた!ってなった。
ひかるん文芸部展示会 ~ふんわりお茶会~。この我を恐怖させるイベントがまだ存在していたとは。ともあれ距離近くてあったかくてとてもよかったです。手もあったかかった。

10月:
マチアソビvol.21。今までの徳島で一番疲れた。もうめちゃくちゃだよ。これは浮気ではないので。
Tokyo 7th シスターズ 4th Anniversary Live -FES!! AND YOUR LIGHT-。ただただ楽しかった。けどオモチをやれ。
ISLANDのイベントこの辺で行きまくった結果ますますよく分からない感じになった。
誕生日プレゼント、土壇場で用意したけど上手く行った。やっぱり値段ではない。

11月:
静かにしてるつもりの学祭で悪目立ちしたりして辛かった。
もちょとお話出来てよかった。声優さんの写真集のサイン会は「この写真が好き」とか声優に言えるのでいい。

12月:
シンデレラ6th。いろいろあったけど比較的素直に楽しい公演だったと思います。でもあまり先の期待とかを描きにくくはなってるしどうしたもんか。
8 beat Story♪ 8/pLanet!! 『歩み 2016~2018...』。声優さんとキャラクターを重ね合せてナンボのアイドルモノコンテンツにあって、「声優さんとキャラクターの未来の道が別たれる」ということを伝えるためだけのイベント。去り際の美学。
ひなビタ♪ライブ2018 ~Sweet Smile Pajamas Party~。曲がよくて何年も待たされててエモいのでそりゃすごいイベントになるよね。ここなつ行けなかったのはたぶん2018年最大の失策。


特にこの時期が、とかなかったけど普通に行ってて楽しかったのはSPR5とか8/planet!とかでした。
しゃものオタクになりてえ〜。
単にちょっと距離感がある声優に安心感を覚えてる説はある。
認知+αがある声優とは本当に毎回真剣勝負だからキツい。もちろん楽しいんだけどふざけられないし気は抜けないし。

そういう意味では今後の声ヲタとしてスタンスを見つめ直す時期に来てるかもしれませんね。
もう少し軽薄な方向に舵を取るのか重くてキツいオタクを極めるのか。

クルーズ行けないから始まる2019年はどうなるんでしょうねー。
特にまとまりはないですが良いおとしを、2019年も声優さんのみなさんよろしくお願いします。

2018年の10曲


17->10と高度な政治的判断で絞ったけど10にする意味ってなんだっけ?と思った。
でも縛りないと無限に選ぶし型にはめるのも意味はあるよねってことで。
政治的判断とは主に2019年を見据えてSPR5を選んだこと。*1
あとリリース年で切って捨てたけど今年よかった曲(主にライブ的な意味で)は以下。


型にはめるとはなんだったのか。Fuzzy去年も選んでるし。


関係ないですがそろそろ声優統計の在庫を処分したいのでお迎えしてね。
1日目(土)東H-35a「Rei'n forcement」にて頒布予定だよ。

*1:HopStepSing!への言及が足りなかったらしいということをなんとなく察した

ぼくと声優さんの2017年

ぼくと○○さんの201X年形式、声優毎に分けるの不誠実だなと思ったので。
いや、別にめんどくさいとかではないんだよ。

1月

年始からホの字のイベントとパワプロ部のイベントが被ってクソだなーってなった。
あとt7s 2.5だった。もう二度とオルスタないんだろうなぁと思うと寂しいね。

2月

COCOLORS東京公演。声優とは何か、という深淵なる謎に未解決問題を投げかけることになった。
もりみちでへらへら遊んでたっぽい。
何かの実績をアレしていることになるな。

3月

FIVESTARSゆーりお渡し会で「もっといろんな髪型してくれたら嬉しい」って言ったら直後に髪切ったので間の悪さに自殺した。
はっしー1stワンマンめちゃくちゃ楽しかった。
無声アニメーションにライブで声を当てるCOCOLORSもどき公演。やっぱりむずかしい。
ハニプラ2nd。伸び盛りのユニットは毎回すごく楽しい。
この時期馬鹿みたいに高田さんのイベントに行ってるけどそこまで特筆すべき思い出がなく息切れもさもありなんという感じ。
でも誕生日プレゼントは贈ってる。
同時にこの頃から大野柚布子だわ、と本気で思い始める。

4月

遠藤ゆりか3rdリリースイベント。本当に楽しかった。出来上がった現場に後から入るのクソ苦手マンとしてはそれを乗り越えて入って行ってよかったと思った。
t7s 3rd。音に打ちのめされた。
ハニプラ初めての遠征。楽しかったね〜。
ペルソナ舞台完結。自分の中での何かの区切りがつく。

5月

マチアソビ。しんどい。
大野柚布子と遠藤ゆりかだった。
シンデレラ5th宮城公演。


誕生日プレゼントはちょっと控えめにしすぎたかも。

6月

遠藤ゆりかソロライブを蹴ってシンデレラ5th大阪に行くという今年最大の選択ミスを行う。
ひなこのーとつまんなかったねー、となる。
天使のファンミーティング。これは大変なことですよ、となる。

7月

高田さんの髪が急に雑に伸びたので病む。
声優の朗読劇が出番的にも微妙だなーと思っていたらはっきり壇上から最前の自分にレスが来て照れる。

8月

高田さんの故郷凱旋イベントに松嵜麗さんが出てこれ以上ない罰を受ける。けど楽しかった。
シンデレラSSA公演。何故最初からそれをやらない、となる。でも最後の挨拶は本当に個人的によかった。
ハニプラリーディングライブ。技術的にはまだまだだなー、と露骨に思ってしまう反面、シナリオは真面目に本筋に絡んでいてすごいなと思った。

9月

海外出張に行ってn年間の因縁に一区切りを付けたら松嵜麗さんのTVアニメレギュラーが決まっていた、という宗教体験をした。
アイドルコネクトのイベントがものすごい熱量でよかった。
ゆうぽんを追いかけて那須に行ったのちょっとネジが外れてたと思う。
ブレンド・Sの先行上映会は本当にいいイベントだったんですよ。
誕生日プレゼントの伏線が回収されたその1。

10月

天使の3P!イベント続き。普通にみんなかわいくて楽しい。
マチアソビ。声優さんとお酒を飲んだ。声優さんといろいろ実績解除しておかしくなった。退路がない。
新谷良子ライブよすぎた。

11月

ハニプラ3rd。ブチ切れてる。声優さんのライブに生バンドが入る瞬間の驚きだけを摂取して暮らしたい。
ゆーりのソロ学祭で吉田ファンの心を取り戻す。
エモり散らかしたファンレターをうっかり出してしまう。
一方誕生日プレゼントは無難にした。
誕生日プレゼントの伏線が回収されたその2。

12月

高田さんsrbc卒業おめでとうございます。
12月にして声優との今年最大の実績を解除をする。
12月にして来期以降の内定2本を得てすごく安心する。
FIVESTARSソロイベントで吉田ファンの心を失った直後に遠藤ゆりか引退の報を聞き完全に自殺。
声優さんからクリスマスプレゼントをもらう。
一方クリスマスプレゼントも年賀状も出しそびれる。年賀状はこれからやります…。


声優さんとは関係ないっちゃないが、声優島に帰還を果たす。


終わってみればジャスト200イベントでした。
そしてこれを年内を書き終えられない雑魚っぷりよ。

2017年の10曲


我ながら書いてあることが極端。
(1曲差し替えました)

2016年の10曲

なんとなくやりたくなったので適当に選んだけどあまり深く考えてないので漏れがあるかもしれない。
全然アニメの歌がない。順不同。

Le☆S☆CaやKARAKURIから一曲選びたかったが選外。
アイドルコネクトからも一曲選びたかったが同上。
次点はステラのまほうのEDとかですかね。


そもそもあんまり音楽を聴かなくなったなーという感じがしなくもない。
声ヲタisDead。

(追記あり)チケットの価格別販売ができないのはJASRACのせいじゃないと思います

08/25追記:

みなさまコメントありがとうございます。
特に、実際に「対価種別の平均」で入場料が算出されていると思われる情報(http://blog.185usk.com/2016/08/post-582195.htm)、大変ありがたいです。
というか、実態についてまったく調査をしなかった部分に関しては、完全に私の落ち度であり怠慢です。
他人のことを言えないですね。


とはいえ、規定を読むと私のように解釈できる余地は十分あるし(私の)常識に照らして私の解釈が正しいという意見は変わらないという部分はあります。
この部分については、規定の解釈が誤ってるのか、JASRACの運用が規定と乖離しているのか、その辺はよく分かりません。
後者なら訴えれば勝てそうですけど、まぁ誰もやらないし、JASRACと話し合って改善する方がいいですしね。
どっちにしろ、実態の話をしているのに規定しか読んでない私の誤りだと認識しています。


規定しか読まずに自分が誤っていると思っている相手について攻撃的な言葉を用いてしまったことに関しては大変申し訳ありませんでした。
消すのは良くないという自分ルールに乗っ取り残しておきますが、ここに追記で謝罪して、謂れの無い部分については打ち消し線を打つ事で取り消したとご理解いただきたいです。


(以下本文)


みなさんこんばんは、声優統計の声優担当、@MagnesiumRibbonです。


今日はここ数日ネットを騒がせている"#転売NO"声明
www.tenbai-no.jp

と、その周辺に雑多に存在するいくつかの論点のうち、標題の

「高い金出しても行きたいorいい席で見たい人のためにはチケットの値段に興行主が傾斜をつければいい話なのだが、JASRACの支払う使用料の問題でそれは現実的ではない」

という主張について、そのおかしさを指摘する記事を書こうと思います。

続きを読む

c90 お疲れさまでしたエントリ

お疲れさまでした。
今回も寄稿してくださった皆様、買ってくださった皆様、読んで買わずに去った皆様、ありがとうございました。


今回は(も?)未完原稿を出す体たらくで大変申し訳ない。
ただどうしても全体の進捗を見て早めに諦めてしまう(良い意味で言えば大人、悪く言えば他を言い訳にしている)ところがあり、
もうちょっとぐらいはやれただろう(少なくとも若い頃は)、という気持ちも無くはない。


それ以外にも(共同代表の気持ちは分かりませんが)個人的にはやや消化不良感がある出来だったかなぁと思う。
特に一部の記事については印刷当日にモデルの不備に気付くなど避けられるはずのミスを次々と犯した感が否めず、
自分自身の進捗も含めて「学習能力のNASA」と言いたくなる結果だったと思う。


以下FAQ(答えが公開出来る範囲で)などです。

Q: なんで今回の本は表紙についてる目次(のようなもの)と掲載順序が違うのか? (声優島打ち上げより、匿名希望さんから)

A: これは裏話なんですけど、キンコーズでコピ本を刷る時はまず表紙を先に作ってから、残りの原稿を流し込んで製本っていうモードで印刷するんですけど。
表紙を目標部数分作ってからまず1冊作って出来を見るじゃないですか。
その時に気付いたんですよね。


MagnesiumRibbon「これ、綴じ位置が一つズレればしりとりがセンター見開きになるから威圧感出るしその方がよくない?」
y_benjo「えっじゃあどうすんですか」
MagnesiumRibbon「(原稿や余白を適当に入れ替える)これでちょうどしりとりのページが2ページズレたからドセンになるはず」
y_benjo「でもこれだと表紙と原稿順が違う…」
MagnesiumRibbon「うっ…でも、それはどうでもよくない?」
y_benjo「まぁいいか…」


という話でしたとさ。
cf:


編集力(いきあたりばったり)

Q: 「秋奈」は「ちゅな」じゃなくて「あきな」だよ殺すぞ (声優島打ち上げより、匿名希望さんから)

A:
完全に査読ミスです本当に申し訳ありませんお詫びに切腹します(しません)。


しりとり一覧並べてまぁとにかく絵面は強いなと思った反面「この中になにか問題があっても絶対に見つけられない…」と思った事を覚えています。
いや、それでも一通り見なければ、と斜め読みし、思った以上に知らない名前が出てくることに*1めげて諦めました。


でもよくよく思い出すと寝ぼけながらぼーっとこのページを見てた時に
「あーすげー短い名前おる秋奈だ前の人の名前は…あーなるほどさちかぁなるほどなー」
と思った記憶があるので、やっぱり全面的に私が悪いですしにます。
本当に申し訳ありませんまじで。


一応執筆者には(このブログをもって)お伝えしておきますのできっと修正版がアップされるんじゃないかなぁちらっちらっ。


ちなみに:
この原稿でデータソースとされている.lainの「秋奈」のページを見てみると、一覧から「ち」の声優としてインデックスされてるけどページ中の読み仮名は「あきな」に直ってる。
このページの設計上の制約を感じるしスクレイピングスクリプトの不備を感じる。
おわり。

Q: 声優統計は素人なのか問題


A:
この時私は隣に居て、なんか適当な事言っているオタクだなと思ったので

「いやー我々これでも人工知能の最先端研究者ですから…(少し間)…うそですけど」

って言ってみたんですよ。
いやこれが本当か嘘かはどうでもいいんですけど、このオタクの反応は間の後のエクスキューズを待たずに

「そんなわけないでしょ(冷笑」

という感じだったのがちょっと浅はかだなーと思ったので。
そもそも「人工知能」も「最先端」も定義されてないのでなんとも言いがたいですけど。
別に私は人工知能の最先端研究者ではないですけど(念押し)、ひょっとしたら目の前に居るのが最先端研究者かもしれない、という想像力が絶無なのはやっぱり怖いですよね。
そういう現実的な想像力が欠如しているから、街中で声優とすれ違っても気付かないわけですよ。
声ヲタとしてのレベルの問題ですよこれは。


以上、論点のすり替えでした。

個人的な総括

やっぱり声から逃げたら負けだなと思うので定期的に声に取り組むんですが毎回跳ね返されていてつらいな、と思う。
加えて、自分の原稿の前振りでも書いたし、外部投稿者も迎えて真剣に考えるとやっぱり生成系の問題は権利関係を解消しておかないと怖くてつらい。
でも今現在の流行に対して声優統計的にちゃんと立ち位置を取るためにも音声合成とか変換とかそういうものについては無視はできないとは思い続けている。
幸いにして(?)声ヲタが喜ぶような水準には到底及ばないというのが現実なので多少枕を高くしていられるとはいうものの、バブルが弾ける前にブレイクスルーがないとはいえない。

次回予告

負けないで!声優統計!いまあんたたちがここで倒れたら、声優統計5〜8のまとめオフセ本、声優統計論文集vol.2はどうなっちゃうの!?
在庫はまだ残ってる、ここを乗り切れば、きっと声優事務所に権利フリーの音源をオファーできるんだから!
次回、コミックマーケット91「声優統計死す」

*1:ここでの声優定義が緩めなため当然